東京・新宿の少人数制予備校-医学部や東大・京大等の最難関大合格実績多数
  • 合格実績
  • コース定員一覧

東京 新宿の医学部・最難関大学専門予備校ならGHS予備校

GHSについて-塾長よりご挨拶-

GHSは「現在の成績(学力)と志望大学との間に大きな開きがあって、どうしたらよいのか困っている受験生・高校生のための予備校」です。

 もうすでにすこぶる成績が良くてさらにどんどん高度な知識を学びたいという生徒向けの予備校ではありません。
また逆に高校の定期テストに向けた補習塾というのとも趣が異なります。

 憧れの大学に向かって努力しているのに成績が伸びず悩んでいる受験生、
やる気は人一倍あるのにどう勉強すればよいかわからず困っている受験生、
のための総数40名ほどの総数少人数制予備校です。

GHSに来る生徒は
「こういう生まれつき頭の良い人が東大に行くんだなあ」と優秀な同級生を仰ぎ見ていたのに、GHSの一年で合格者の平均点を上回る成績で自分が東大に合格したり、
「二浪しても私大医学部は無理だから諦めなさい」と担任の教師に言われたのに、同じく一年で医学部に合格したり、
「国立大学医学部は無理だから私大にしなさい」と担任の教師に言われたのに、同じく一年で国立大学医学部に合格したり、
という例をたくさん生み出しています。その理由は、

「学習方法」・「学力をつける方法」
の違いにあります。

 その内容を言葉で伝えるのはなかなか困難ですが、このホームページを見ていただければ、それなりに想像していただけると思います。
とくに、「合格体験記」には、実際にそれを体験した者のみが表現できる内容が含まれていますので、
是非熟読していただけたらと願います。

「どうしてGHSを選んだの?」
「ここは何かが違う…
と思ったからです。」

 これは、GHS生に、GHSに入会した理由を尋ねたときの一番多い回答です。彼ら・彼女らは、総数30人程度の小さなGHSで、大きく人生を変えていきました。そして、大学進学後も大いに活躍しています。

是非今このホームページを見ているあなたにも、同じ喜びを分かち合ってほしいと願います。

 正しい学習方法 × まじめな努力=奇跡

です。
自分の人生にまじめに向き合っている受験生・高校生との新たな出会いを心待ちにしています。

 

ー GHSの独自性 ー

[1]. 本物の少人数制を貫く

ー 塾・予備校の適正規模はどのくらいか? ー 

GHSは「国立大学医学部・難関大コース」(既卒生対象)の総定員がわずか20名、「私大医学部専門コース」(既卒生対象)が同じく10名のみ、高校生は各学年数名という総数少人数制です。
 「少人数」を謳(うた)っている塾はたくさんありますが、その「少人数」の意味するところは塾によって様々のようです。一教室に20〜30人であっても、実際はそうしたクラスが何クラスかあって、合計すると優に100人、200人になってしまうというところも珍しくありません。これでは少人数の意味がなくなってしまいます。
 GHSは総数少人数制の予備校です。逆にあまりに少ない「個人塾」でもありません。人間には集団力が必要だからです。

各講師が生徒1人1人の顔を知り、
個々の学力を知った授業と丁寧な質問対応を展開するのはもとより、
一定の集団力と良い意味の競争心を有効に発揮するために
適正な少人数を設定しています。

[2]本物の学力をつけさせ「頭を良くする」教育を貫く

ー本当の学力とニセモノの学力があることを知らねばならない 

 ある有名進学校の出身者が語ってくれたことですが、そこでは中学に入学するや膨大な量を試験範囲として与え、テストテストで追いまくっていくそうです。ほとんどのものは脱落するそうですが、上位50人ぐらいはプライドにかけてついていって東大に合格するそうです。彼らはその膨大な試験範囲をクリアーするために、丸暗記に走るのだといいます。
 しかも、理解し、咀嚼する時間も取れないほどの膨大な量であるがために、理解していないものをまるでカメラに写すかのように頭に入れて、つまり目に焼き付けてしまうのです。“すごい能力”ですが、果たしてこれで「頭がよい」といえるでしょうか。確かにすごい記憶力ですが、こうして覚えたことがその人の教養として実になるものでしょうか。

記憶力などというものはやがて衰えていくものです。
こうしていい大学に入っても結局
何も残っていないという悲惨な事態になりかねません。 

それが証拠に、この高校出身者の大学での留年率が全国でも“トップレベル”だそうです。この現実を真剣に受け止めてほしいものです。その学校の先生が「うちの生徒の人生のピークは17歳だ」と言ったそうです。こうした教育を子供にさせる側の罪というものを真剣に問う必要があるのではないでしょうか。
 記憶力というものは人間の認識能力として大事なもののひとつです。しかし、記憶にも「理解して記憶すること」と、今述べた学校の生徒のように写真機が写し取るように「暗記的に記憶すること」とは違います。さらに肝心なことは、「頭がよいこと」と「記憶力がよいこと」は同じではありません。

本当の意味で頭をよくするとはどうすることなのか、
そこをしっかり押さえて本人の将来のために
本当の意味の学力をつけてやることが
教育に携わる大人たちの役目であるべきです。 

[3]. 体系的に思考できる能力を身につける学習方法を貫く 

“本当の学力”とは論理的な思考能力であり、体系的・立体的に物事を見ることができる能力である 

 大学までに身につけるべき“本当の学力”とは何でしょうか。これを言葉で伝えることはなかなか困難だと言えます。それは豊かな内容をもった総合力であり、受験指導を通して伝えるしかないものです。しかし、あえて端的に述べるならば、

それは論理的な思考能力であり、体系的・立体的に物事を見ることができる能力であり、
見た目が違っているものの根底に共通性を見て取れる能力であり、
ついには数学も物理・化学・生物も英語も国語も社会も
みんな共通しているのだ、ということが分かる能力

だといえましょう。
 そうした能力がついたとき、一見複雑で難しそうな問題、今まで見たことがないと思える問題も、結局単純な問題の単なる変化でしかないことが見抜けるようになるのであり、一つの考え方からすべてが解けていけるようになるのです。
 大手予備校では、規模が大きいだけに、各講師が各々よかれと信じる指導法や授業法で話をすることになり、ある先生がよいと言ったやり方が、別の先生によるとダメだといわれ、生徒は混乱・困惑しその間をウロウロしてしまうのということをよく耳にします(すでに十分学力がある生徒は器用に処理できるのですが・・・)。これに対して、GHSはどの授業でも教科を超えた普遍的・一般的な思考力を目指して行われているので、いずれ生徒たちは教科の違いはあっても底に流れる本質は同じなんだな、と感得できる日、つまり「本物の学力・実力」が付く日が遠からず訪れます。

GHSが通常は難しい飛躍的な成績の上昇を生み出している理由は、
教科ごとの知識や理解の学習を、さらに一次元分
視野の広い学力を養成する「学習方法」で行っている

という点にあります。恐縮ながらそれがどういうものであるのかは体験してみなければ分からないのですが、このホームページの中に何かしらを感じ取ってもらえれば幸いです。

NEWS

コース紹介

GHS講師ブログ

2月24日 更新

1月22日 更新
[177] 2024共通テスト 化学・解説

2月13日 更新
[90]古文解析事始<12>係り結びは結ばない?

1月25日 更新
[9] 2024共通テスト 物理ってどうよ?

かつて育文社が発刊していた「東大受験生御用達」の伝説の参考書「思考訓練の場としての英文解釈」をはじめとした「思考訓練シリーズ」全6冊をGHS予備校が受け継ぎ、販売を行っています。

合格体験記

実際に難関大学、医学部へ合格体験をした方をご紹介いたします。
実際に体験をした者のみが表現できる内容が含まれていますので、是非熟読したいただけたらと願います。

吉田 生吹さん
[市川→東京医科大学・医]

詳細を見る

大熊 崇生さん
[海城高→東北大・医学部]

詳細を見る

大知 正直さん
[立教新座→大阪大・基礎工]

詳細を見る

合格実績

 直近3年間 

【国立医学部】
筑波大学、浜松医科大学、信州大学(4名)、熊本大学、秋田大学、弘前大学(3名)、高知大学、福島県立医科大学(2名)、島根大学、防衛医科大学校
【国立大学(医学部以外)】
東京大学(工学部)、京都大学(工学部)、北海道大学(水産学部)、金沢大学(理工学部)、島根大学(人間科学部)、弘前大学(保健学科)、東京農工大学、信州大(理学部)、東京海洋大学、防衛大学校
【私立医学部】
日本医科大学、自治医科大学、東京医科大学、日本大学、国際医療福祉大学、東北医科薬科大学、関西医科大学、埼玉医科大学、聖マリアンナ医科大学、久留米大学、金沢医科大学、金沢医科大学、東京女子医科大学、獨協医科大学、兵庫医科大学、その他多数につき省略
【私立大学】
早稲田大学(先進理工)、日本大学(歯)、明海大学(歯)、日本歯科大学(歯)、昭和大学(歯)、東京薬科大学(薬)、東邦大学(薬)、青山学院大学、中央大学、奥羽大学(歯学部)、その他多数につき省略

よくある質問

Q. 医学部を目指しているのですがどのコースが良いでしょうか?

A. GHSの医学部向けコースとしては、定員15人の「国立医学部コース」と、定員10人の「私立医学部コース」があります。国立医学部コースは、国立医学部に必要なすべての教科をカバーしています。

国立医学部コースの最大の特徴は理系科目・文系科目にかかわらず、全科目の成績の成績を伸ばしていく「頭の良さ=学力」をつけていく点にあります。5教科7科目の膨大な勉強をバラバラに(教え方のバラバラな講師たち)学んでも大きな伸びは期待できません。GHSはどの授業でも教科を超えた普遍的・一般的な思考力を目指して行われているので、いずれ生徒たちは教科の違いはあっても底に流れる本質は同じなんだな、と感得できる日、つまり「本物の学力・実力」が付く日が遠からず訪れます。「GHSのどの先生も同じことを言っている!」「これだけやっていけば絶対合格する!」と確信を持ちながら勉強できることが、一年という長い期間の中でメンタルの面でもとても大きな効果を発揮していきます。

私立医学部コースの最大の特徴は「実力をつけるために特化した授業」が豊富に組まれている点にあります。私立医学部は受験科目が4科目に絞られている分「深く・濃く」実力を養成していく期間を持つことができます。なので、1科目あたりの'伸び率'を最大にしていくことができるコースとなります。ですので、私立医学部コースは国立医学部コースに比べて、より出発点に不安がある人や、ぐんと伸びて難関の私立医学部に合格したい、という人におすすめです。

Q. 自習室はありますか?

A. あります。塾生全員(国立医学部コース・私立医学部コース・難関コース・高校生コース)が使える収容人数20人ほどの自習室と、私立医学部コースだけが使用可能な自習室の二種類があります。

Q. 寮はありますか?

A. 近隣にある学生寮をご紹介する形となっております。GHS予備校と提携している近隣の学生寮は以下のリンクをご覧ください。
学生寮の紹介

Q. 授業は何人くらいで行われますか?

A. 国立医学部コース・難関コースの授業は合同で行われます。私立医学部コースは私立医学部コースのメンバーだけで授業が行われます。物理・生物・化学については、どのコースも合同で行われます。

Q. 医学部以外のコースもありますか?

A. 東大・京大などの難関大学志望者を対象とした「難関コース」と、高校生を対象にした「高校生コース」があります。

GHSの「難関コース」は、東大・京大の二次試験を突破したいと願う東大・京大志望者の求めるレベルに応える最高峰の指導が特徴ですが、早稲田・慶応などの難関私立志望者や、名古屋大学・東北大学・千葉大学など、国立上位の大学の志望者ももちろん歓迎です。

入学までの流れ

入会の流れ
PAGETOP