東京・新宿の少人数制予備校-医学部や東大・京大等の最難関大合格実績多数

合格体験記ー結城 舞ー

  • HOME »
  • 合格体験記ー結城 舞ー

全体を通して

[自分自身の学習]

GHSに通って、本当によかったです。私は八王子の高校から新宿まで1時間半ほどかけて通い、体力的にも精神的にもハードでした。ですが、GHSでの授業は、それを覆すほど楽しかったです。入塾当時は高校生があまりおらず寂しかったですが、先生方が積極的に話しかけてくださり、塾に行くのがいつも楽しみでした。

また、GHSでの学習を通して、一生モノの考え方を鍛えていただいたと考えています。物事を筋道立てて、論理的に考える力を身につけることが出来ました。個人指導を通して自分の弱点を痛感し、修正するには何をすべきかアドバイスをいただきました。それと同時に、先生方は私の長所にも触れ、自信をつけてくださいました。

私はGHSでの受験勉強を通して、勉強するにあたって最も大切で、かつ最も難しいことは、「自分は何がわかっていないのか」を認識することであると考えました。

なぜなら、それは物事の全体を見渡せていないということであり、何を、どこまで勉強すべきなのかを見誤ってしまうからです。

私は、GHSに入塾するまで自分の努力する力には自信がありました。しかし、今思えばその努力は闇雲なものでした。勉強にはきりがなく、問題も解法も勉強法も、いくら頭に入れても新しいものが出てくるように思いました。

一方、私は、物事には一貫する考え方があることを知っていました。しかし、自分1人ではそれが何なのかを本当に知ること、そしてそれを身につけることが出来ずにいました。

GHSに初めて訪れた時、村田先生との面談の中で、二次関数の問題を通して体系性について教わりました。私はそれを頭では理解しましたが、実感には伴っておらず、初めは教わった体系をなぞることしか出来ませんでした。今も、新しい問題にぶつかった時、自分でその筋道を必ず見つけられるとは言えません。しかし、GHSに通った約3年間、その考え方を全ての教科で繰り返し教わりました。そして、ようやく自分で物事を体系的に見れるようになってきたと思います。

「こう考えれば間違いない!」と言える、論理的な思考方法が分かったことで、自分がどこで踏み外しているのかも分かるようになりました。これが、自分の分からない点を認識するということだと思います。そして、それを無くしていくのが本当の勉強なのだと思います。

私は、受験勉強の中で、その本質が見えた分野ももちろんありましたが、そうでない、ただ闇雲に知識を詰め込んだだけになってしまった分野も少なからずあります。そして、「いつでも決まって点数がとれる」「本番も自信を持って回答できる」というところまで達したのは、決まって本質が見えた分野でした。

その本質というのは、繰り返し、様々な問題を解き、知識を揃えて初めて実感として掴めると思っています。最終的には、どんな分野も自分で体系的に見る能力を身につけなければなりません。そして、その訓練を手助けしてくれる場所がGHSだったと思っています。

これから自分自身が様々なことを学ぶ中でも、その力は常に鍛え、使っていかなければならないと思っています。私にとっては、その基礎を築いてくれたのがGHSでした。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

[アドバイス]

どの教科でも共通なのですが、体系性を見つけるための勉強として、似たような分野や、出題形式の違う問題を繰り返し解くことをお勧めします。

イメージとしては、テーマ別ドリルや、体系化学アドバンスがピッタリです。数学、社会、国語、英語でも、様々な大学入試の問題から同じ分野や、同じ考え方で解ける問題を集めてきてそれを繰り返すことで、自分がそれを学ぶことで身につけるべき能力がわかると思います。そして、それは問題を解く段になっても、「常にこの考え方をしていれば間違いない」という自信につながります。

 

 

英語

[自分自身の学習]

英語は、GHSに入るまでは一番の苦手教科でした。しかし、GHSに入って自分なりに努力を積んでから、一番の得意教科になりました。

私は、英語を高2で重点的に学習し、高3では他教科に比べかなり力を抜いていました。数学や物理に疲れてしまったら、楽しみとして英語をやるような感じでした。

高1、2の時は岡本先生の授業の復習を徹底的に行い、授業で登場した単語や言い回しを単語帳にまとめて覚えました。高3の時は長文、自由英作文を中心に出来るだけ多くの問題や文章に触れることを意識しました。

岡本先生にご指導いただくようになってから、和訳が本当に楽しくなりました。構文が自分で掴めるようになっただけでなく、添削を通じて自然な日本語を書く自信がつきました。英文の構造や表現の意味が自信を持って掴めていなければ、意訳するのは厳しいと思います。繰り返し添削していただき、書き直すことで感覚を掴んでいくことが大切です。

リスニングについては、学校でもらったパワーマックスや岡本先生に教えていただいたマルチレベルリスニングをシャドーイングし、聞いてすぐ、英語のまま反射的に意味がわかるまで繰り返すことを心がけました。

 

[アドバイス]

・添削を積極的にお願いしましょう。そして、やり直しを何度もやりましょう。私は岡本先生に添削を何度も何度もお願いして、その度に丁寧に対応していただいていました。自由英作文や和訳は、なかなか自分で点数化しづらいです。万が一表現が正しいものだったとしても、より適切な表現や言い換えが考えられます。

私は添削を通じて自分の弱点や癖を把握できました。また、岡本先生もそれを把握し、対策方法を教えてくださいました。

添削していただいた後は、やり直しを何回もする必要があると思います。一度やっただけでは次見た時も同じ間違いをしてしまうことが多く、私は4、5回やって初めて身につくくらいの印象でした。個人差があると思うので、何回やっても大丈夫だと自信が持てるまでやるべきだと思います。

・岡本先生が教えてくださる、文章の構造を掴めるようになれば、それと問題との関連が見えて、問題が解きやすくなると思います。私は、直前までその感覚を掴めませんでしたが、過去問を解きながら個人指導していただく中でその感覚がはっきりとしてきました。

・対比、因果、類似の3点セットは文章を読むのに大切なのはいうまでもありませんが、問題と深く関連付いていると思います。それを常に意識する必要があると思います。

・単語については、自分が知らなかった単語をノートにメモし、それを電車の中などで読むようにしていました。私は、単語帳はすぐに飽きてしまい続きませんでした….。青、黄ターゲットは学校の授業で使用しており、両方3周くらいはしていたと思います。また、岡本先生に教えていただいた語源から覚える単語帳(英単語飛躍増殖事典)がとても面白かったです。全てを覚えることはできませんでしたが、文章で見つけた単語を中心にその語源を記憶するようにしていました。本番、自分が知らない単語が出ても、接頭辞や接尾辞を把握していれば、おおよその意味を類推できます。

・英語の文法については、岡本先生の授業とスタディサプリの関先生の英文法の授業、そしてinspireという学校で配布された参考書、基礎英文法問題精講の4つを活用し、違う教え方・書き方を通して学びました。この4つはどれもとてもお勧めで、私の英語の基礎を作ってくれました。

・リスニングについては、通学・通塾時の歩いている時に聞きながらそれをシャドーイングするのを習慣にしていました。

・リスニングは。自分がわかるより少し難しめのレベルの問題をやることをお勧めします。繰り返し聞けば、段々と聞き取れるようになってくると思います。そうすることで長文の速読にも使える力がついてきます。

 

 

物理

[自分自身の学習]

物理は、物理基礎を終えた高3になってからGHSで授業を受け始めました。

それまでは公式を暗記し、それを当てはめて問題を解くことを繰り返していました。どの公式を当てはめるのか分からない問題や、公式を知らない現象についての問題には手も足も出ませんでした。しかし、田川先生にご指導いただくようになってから、物理の体系性が見えるようになり、本当に感動しました。それから、決して物理は得意科目とは言えませんでしたが、大好きな科目になりました。

問題演習の進め方としては、まずセミナーやGHSでいただいた基礎の問題集をやり、そのあとテーマ別ドリルを何周もやりこんでいました。身についた実感が湧いてから、実践物理重要問題集を使って確認をしました。

物理でも数学同様くだらないケアレスミスが多く、解法を考える段階と計算する段階を分けることが重要だと思いました。また、田川先生にアドバイスをいただき、良問の風を使って問題を見て手で計算することなく頭で処理する練習をしました。この練習をしたおかげで最初から最後まで運動をイメージし、問題を解く全体の流れを掴むやり方が身につきました。

 

[アドバイス]

・まず、授業前に体系物理を読み込んでおくことをお勧めします。そうすることで、田川先生の授業を楽しく受けられますし、聞くべきポイントが分かります。私は基本授業ノートを取らず、体系物理などに先生がおっしゃったことを書き込んでいました。そうすることで先生の話に集中でき、繰り返し述べられているポイントや体系物理と同じ言葉が使われている部分からどこを重点的に頭に入れておくべきか判断していました。

・公式とされるものは暗記せず、運動方程式をはじめとする本当に基礎の基礎の式から微分積分を使って導出する解き方をお勧めします。これが、学校で教わらなかった、GHSで学んでよかったと思えた点です。暗記量が減り、難問にも対応できるようになりました。また、保存則が適用できる条件などが分かりやすくなりました。

・テーマ別ドリルが本当にお勧めです。関連性のある問題を多く解くことで、それらの共通点が見えるようになります。それがまさにその単元・テーマの本質になると思います。

・基礎的な問題がある程度解けるようになったら、難しい問題を解いてみるといいと思います。難しい問題の中で易しい問題との共通点が見える分野については、上記の本質が分かっていると言えると思います。

難しい問題も結局は易しい問題の組み合わせで、それをいかに解きほぐすかが重要なのだと思います。

・方針と計算は別で考えるべきだと思います。まず、問題を見たら何が起こっているのか頭の中でシュミレーションをして、それに合わせてどの物理法則が成立するか考えます。そして基本的な式を立て、並べていきます。問題を最初から最後まで全て見て、解ける確信を持ってから計算に取り掛かります。これが出来ない問題は、本当に分かっているとは言えないのだと思います。

私も正直、この感覚は直前まで掴めませんでした。本番この通りに解けた問題は大問3つ中1つでした…..。ですが、途中のわからないところが認識できるようになり、そこを飛ばしたり、前後のわかる部分から推測したりできるようになりました。

何より、試験当日でないなら、わからないところはしっかり調べたり、先生に聞いたりして一つ一つ石を置いていくような感覚で積み上げる必要があると思います。それを繰り返していると、難しい問題で、あっている確証が持てなくても何となく予想がつくようになってくると思います。

 

 

化学

[自分自身の学習]

化学については、私は学校の授業も、GHSの授業も取らず、GHSでいただいたテキストと、セミナー、化学の新演習・新研究、スタディサプリで学習しました。化学基礎が終わった段階までは学校の授業を受けていましたが、一貫した考え方を持たず全て暗記しており、かなり理解が曖昧でした。ですが、体系化学に出会い、molを基準とする考え方を通してそれが一変しました。本当に体系化学を読んでよかったです。

 

[アドバイス]

・体系化学に忠実に計算しましょう。

・有機化学は学習前に有機化学のテキストを読んでおくことをお勧めします。有機とは何か?ということがわかり、暗記する際イメージしやすくなります。

・テーマ別ドリル化学版がアドバンス化学だと思って取り組んでいました。アドバンス化学も本当にお勧めです。難問とされている問題に対する考え方が身につきます。

・無機化学は基本暗記なのは間違いありませんが、化学反応式については一定のルールがあります。私はスタディサプリの無機化学の講座でそれを学習していました。

暗記する(各物質の特徴を掴む)場面では、複数の参考書で同じ単元(物質)のページを読んだり、問題を解いたりする方法をとっていました。また、なかなか頭に入らない分野は新演習・新研究や、インターネットを使って少し発展的な内容、生活との関連を知ることで自分の頭に強い印象を付け、エピソード記憶を利用していました。

 

 

数学

[自分自身の学習]

幼い頃から親に教えてもらっていた数学は、中二ごろまでは得意教科でしたが、それから段々と周囲に差をつけることができなくなっていました。

そんな中、高一の一学期が入院したことで潰れてしまい、数学1は病院で自己流の勉強をしていました。そこで、基礎が曖昧になってしまい図形(特に三角比)への苦手意識がついてしまいました。

高一の夏からセメントを開始し、学校の進度に合わせつつ、学習が終わった範囲は高二終わりまでに1周+苦手なところは3周していました。先取りはしませんでした。また、学校でスタディサプリを教材として使用しており、ご飯を食べながらトップレベル数学1A2Bを見ていました。

数学3は学校での学習がメインでした。教科書、青チャ中心に学習を進めました。学校の先生が大学入試の問題を単元毎に集めて講習を開いてくださっていたので、それには積極的に参加しました。

私は方針を立てるのには自信がありましたが、最後まで計算がネックでした。これには2つの要因があります。1つは立てた方針が最適ではないことが多かったからです。参考書に載っている解法をかなり無視した学習をしていました。その解法なら計算が楽に、少なく出来るのに、自己流で遠回りをしたり煩雑な計算を諦めずにやり続けてしまうところがありました。もう1つは方針立てと計算を同時にやってしまう癖がついていたからです。それでは脳のワーキングメモリが足りなくなり、細かいところに気が使えなくなって、くだらないミスを犯すことが増えてしまいます。

 

[アドバイス]

・セメントは現役生にとって、定期テスト対策に抜群です。セメントで単元の全体像を見て、青チャートをはじめとする参考書で演習を積むのが良いと思います。

・授業の時、もらったアドバイスや教えていただいた解法は、先生と話をした後すぐに自分でもう一度再現して、それを答えに書き込むのがお勧めです。そうすることで、次解いた時に効率よく思い出せます。

・計算は、とにかく練習です。先生にはワーキングメモリの話をよくしていただいていました。解法を考える段階と、計算の段階は分けるべきです。

計算練習と言っても、やりにくい・誤った方法で繰り返しても意味はありません。自分の間違いをノートなどに記録し、繰り返し間違えてしまうものは個人指導で先生に相談するといいと思います。

・数学は、分野別に勉強することをお勧めしたいです。私自身、自分の理解が曖昧だと思う分野について、複数の参考書、そしてインターネットから問題を持ってきて、様々な問題に触れることで本質を掴もうとしていました。(物理のテーマ別ドリルを、数学版で作るようなイメージでした。)

これは本当にやってよかったと思います。

 

 

国語、社会

GHSで授業は受けていませんでしたが、学習方法を書いておきます。

[自分自身の学習]

国語は、高2までかなり学校の授業に真剣に取り組んでおり、一番と言っていいほどの得意教科でした。しかし、それを意識してからあまり勉強をしなくなり、高3の12月に入るまで、現代文の定期テスト対策以外の勉強を全くしていませんでした。古文、漢文はこの期間にかなり忘れてしまっていましたが、12月に本気でやり込み、本番得点源になってくれました。

古文、漢文について、12月にやり込んだのは知識の暗記というより、問題の考え方を知るための問題演習でした。文法は学校でもらった参考書を、躓いたところだけ読む程度でした。

それぞれセンターの過去問を15年分ほど解きました。全てではなく、例えば和歌の説明問題など特徴のある出題形式のものを繰り返し解き、解説を読んで不正解の選択肢を分析し、どういった考え方をすれば正解が選択できるのか学びました。

社会は現代社会を選択しました。私は現代社会が大好きで、共通テストだけ使うにはもったいないほど学んだと思います。主な教材としてGHSでいただいた問題集(ベストセレクション大学入学共通テスト2021)と、教科書、過去問、インターネットを使用しました。これも不正解の選択肢を分析する中で、様々な知識が身につきました。

 

 

大学進学教育GHS TEL 03-3365-0160 受付時間 11:00~20:00

PAGETOP