最難関・医学部予備校- 東京の少人数制予備校医学部や最難関大合格実績多数

早期入会のアドバンテージ

  • HOME »
  • 早期入会のアドバンテージ

 

GHS「早期入会制度」について

人生というものは面白いものです。というのは、人間の世界には「敗者復活戦」があるからです。しかも、大学入試という世界では、「敗者復活戦」に臨んだおかげで、当初は考えられなかった一つ上の世界に住むことができるようになった、ということも起こるからです。少し説明しましょう。

通常の浪人生は、受験シーズンが終わって予備校探しを始め、予備校の新学期開始である4月半ばから、次の年に向けて受験勉強が開始します。しかし、そうすると翌年の受験が始まる1月半ばまで実質9か月しか準備期間がないことになります。

 

 

 

GHS早期入会のアドバンテージ

GHS予備校も正式な新学期の開始は4月からですが、他の予備校と違う点は、入会とともに教材を渡し、予習をどんどん進めていける体制になっているということです。その際、他の予備校がまねできないアドバンテージがあります。

 

 

①でどうアタマを働かせていくことが飛躍的な学力を付けることにつながるかを学び、②それに基づいて『数学セメント』、『体系化学』、『体系物理』の完成された教材(自学自習出来るように作られています)をGHSの指導に従って進めていきます。これを進めるほどに開講前に受験勉強の仕方が分かり、正しく分かっていく楽しさを知り、さらに新学期の授業に臨むにあたって大きなアドバンテージを得ることになります。(授業に余裕をもってついていけることにもなります。)

 

 

 

その典型的な例が、「合格体験記」で紹介している吉田生吹君で(ぜひ合格体験記を参照してください)、彼は2月1日からGHSでの学習を開始(彼は毎日GHSの自習室に来て勉強していました)したので、開講まで2か月半も予習を進めたことになります。その間、『体系化学』は1st stageを12周、2nd stageを6周こなしたとのことです。このアドバンテージがどれほどのものかを想像してほしいと思います。彼は一年で化学を完全にマスターしました。

今回共通テストで失敗してしまった人、学習が特に遅れていると自覚している人は、決して悲観する必要はありません。この優れた「早期入会制度」を活かして、来年度へ向かって明るい希望を描いてほしいと思います。

 

 

費用について

GHSの「早期入会制度」では特別な費用は発生しません。手続き時に入会費だけお支払いいただき、3月に正式入会の手続きをする際、4月以降の年間授業料をお支払いいただくだけですので、「早期入会制度」に関わる特別な費用は発生しないということです。

大学進学教育GHS TEL 03-3365-0160 受付時間 11:00~20:00

PAGETOP